JBMRCについて

  • HOME »
  • JBMRCについて

ご挨拶

日本ビルメンロボット協議会JBMRC(Japan Building Maintenance Robot Consortium)は、ビルメンテナンスロボットメーカーの有志で発足した「ビルメンテナンスロボット普及促進コンソーシアム」を発展させた組織です。

我が国は急速に少子高齢化が進み、産業界において労働力不足、高齢化が大きな課題になっております。わが国でも「ロボット新戦略」が策定され、官民一体となってロボットの普及促進に向けた取り組みが進められるようになりました。しかしながらビルメンテナンス業界におけるロボットの活用は課題が多くいまだに一部の現場に限られているのが現状です。

ビルメンテナンスにおけるロボットの役割は非常に大きく、長時間従事させても清掃能力が衰えることがありません。また、人が立ち入ることができないような狭い場所や、危険が伴うような高い場所でも優れた清掃能力を発揮します。

ビルメンテナンスロボットの普及促進活動や産学協同による研究開発、政策提言などを通じて、業界の労働環境の改善だけでなく、女性、高齢者、障がい者がより働きやすい環境作りの実現、さらには人とロボットが共存する社会を築くために、様々な活動を通じて社会に貢献して参ります。

日本ビルメンロボット協議会
会長 糸賀浩延

日本ビルメンロボット協議会(JBMRC)の構成および目的

  • 業務用清掃・検査ロボットメーカーなど関連企業・団体で構成。
  • ビルメンテナンス分野におけるロボットの普及促進を目的。
  • 個社では困難な活動について、参加メンバーが協力して推進。
  • ユーザー側を含む関係機関と連携し、ロボットの実装環境の整備に注力。

所在地

日本ビルメンロボット協議会事務局
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング9F
株式会社アクティオ ロボットセンター

組織

役員
会長   糸賀 浩延(株式会社アクティオ)
副会長  荒井 哲(アマノ株式会社)
事務局長 吉田 伸朗(セールス・オンデマンド株式会社)
理事   上瀧 博伸(株式会社アクティオ)
               広岡 実(アマノ株式会社)
               扇谷 敏明(フィグラ株式会社)
               小林 恵(大和ハウス工業株式会社)
               大廻 和彦(日本ウイントン株式会社)

協議会会員(2018年6月現在。50音順)
株式会社アクティオ
アマノ株式会社
セールス・オンデマンド株式会社
大和ハウス工業株式会社
ディスプロ株式会社
中西金属工業株式会社
日菱インテリジェンス株式会社
日本ウイントン株式会社
日本信号株式会社
フィグラ株式会社
株式会社マキタ
ミズノ株式会社
港産業株式会社
有限会社ユニキューブTecnos

オブザーバー
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
一般社団法人日本空調システムクリーニング協会
一般社団法人日本能率協会
一般社団法人日本ロボット学会

PAGETOP