JBMRCについて

  • HOME »
  • JBMRCについて

ご挨拶

 日本ビルメンロボット協議会JBMRC(Japan Building Maintenance RobotConsortium)は、ビルメンテナンスロボットメーカーの有志で発足した「ビルメンテナンスロボット普及促進コンソーシアム」を発展させた組織です。

  ビルメンテナンス用ロボットに対する関心が日に日に高まってきており、ビルメンテナンス企業様や施設オーナー様から労働力不足は待ったなしの状況になってきているとの声も聞かれるようになっております。
  ロボット導入を検討している企業様においても、これまでの“テスト的な実証”から“本格的な実装”により近いものにステップアップしつつあります。

 当協議会は設立当初より会員数は増え、ロボットメーカー以外の参画者も加わったことで、幅広い意見や発想を取り入れて推進する体制が整って参りました。
 今後のビルメンテナンスの生産性向上や労働環境改善をはじめ、デジタル化、社会貢献などをテーマに、よりよいビルメンテナンス環境を整備するべく会員一同活発な活動を展開して参ります。

日本ビルメンロボット協議会
会長 荒井 哲

日本ビルメンロボット協議会(JBMRC)の構成および目的

  • 業務用清掃・検査ロボットメーカーなど関連企業・団体で構成。
  • ビルメンテナンス分野におけるロボットの普及促進を目的。
  • 個社では困難な活動について、参加メンバーが協力して推進。
  • ユーザー側を含む関係機関と連携し、ロボットの実装環境の整備に注力。

所在地

日本ビルメンロボット協議会事務局
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング9F
株式会社アクティオ ロボットセンター

組織

役員
会長   荒井 哲(アマノ株式会社)
副会長  上瀧 博伸(株式会社アクティオ)
副会長  吉田 伸朗(セールス・オンデマンド株式会社)
事務局長 田村 英郎(中西金属工業株式会社)
理事    広岡 実(アマノ株式会社)
扇谷 敏明(フィグラ株式会社)
小林 恵(大和ハウス工業株式会社)
大廻 和彦(日本ウイントン株式会社)
長井 大典(TIS株式会社)

協議会会員(2019年4月現在。27社 50音順)
株式会社アクティオ
アマノ株式会社
株式会社エアーアンドウォーター
株式会社オプス
オムロンソーシアルソリューションズ株式会社
株式会社共成レンテム
株式会社グローバー
蔵王産業株式会社
シーバイエス株式会社
セコム株式会社
セールス・オンデマンド株式会社
ソフトバンクロボティクス株式会社
大和ハウス工業株式会社
TIS株式会社
ディスプロ株式会社
株式会社テナントカンパニージャパン
中西金属工業株式会社
日菱インテリジェンス株式会社
日本ウイントン株式会社
日本信号株式会社
フィグラ株式会社
フェバリット株式会社
株式会社富士クリーン
株式会社マキタ
ミズノ株式会社
港産業株式会社
有限会社ユニキューブTecnos

オブザーバー
特別顧問 田中 幸仁
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会
一般社団法人日本空調システムクリーニング協会
一般社団法人日本能率協会
一般社団法人日本ロボット学会

PAGETOP